ダイトク・コーポレーションでは、チラシとは、商品やサービスを提供している企業から、お客様へお届けするラブレターだと考えています。ラブレターは、書き手の想いを届けるものでなければなりません。ラブレターは美しくなければなりません。クライアントの担当者が、どんな想いでチラシの構成を考えているのか?デザイナーは、どんな想いを込めて表現をしているのか?「1枚1枚丁寧に」を心掛けて印刷をしています。

量頼もしい6台の輪転機
ダイトクコーポレーションは全部で6台のオフセット輪転機を備えています。これによって、短時間に、大量の、信頼の品質を誇る印刷をすることができるのです。その印刷処理能力は、例えばB4サイズなら、1時間で93万6千枚。1日ならば2千万枚の印刷が可能です。ちなみに、2千万枚のB4用紙を積み重ねていくと、東京スカイツリー2つ分の高さに相当。およそ1,300mにもなります。もしフル回転して1か月間印刷を続ければ・・・その枚数は単純計算で6億枚。ここダイトクから全国に情報が届けられる、笑顔が生まれる。そんな様子をぜひ想像してみてください。

備北陸最大規模の紙をストック
 
大口の発注にも迅速に応えるため、紙倉庫には常時30種類の在庫を保有。倉庫には巻取り約1,100本=およそ700トン、物流センターには約300本=およそ200トン、合計900トンを常備しています。これは北陸で最大規模のストックであり、製品の安定供給に揺るぎない自信を持っています。用紙はメーカーから大量に仕入れることによって、コストダウンを実現。倉庫に眠っている紙は、きょうも静かにその出番を待っています。そして、金沢で印刷した製品が、北は北海道、南は沖縄まで行き渡り、人々の手元に届けられるのです。

速安心・迅速な配送システム
どんな商品であれ、納期に間に合わなければ失格です。例えば、締め切り厳守の折り込みチラシ。どれだけ印刷期間を短くする努力をして、美しく見栄えする印刷に仕上げたとしても、配送に手間取って予定日に間に合わなければ、商品価値はゼロなのです。当社は、そういった事態をなくすため、信頼関係で結ばれた企業と強力タッグを組み、独自の配送システムを構築しました。一貫したコンピューター管理と、これまでに蓄積してきたノウハウを活かし、安全・確実・迅速に配送できる体制を確立しています。圧倒的なコストパフォーマンスの高さが、全国のお客様から喜ばれています。

バーチャル工場見学はコチラ